育児の宿敵!腰痛リスク軽減方法 ちょっとだけ抱っこの仕方を変えませんか?

スポンサーリンク

こんにちは!

キックスです!

我が家にももうすぐ7か月を迎える子供がいます

次第に大きくなりうれしい限りですが、
抱っこがしんどくなってきています

そこで気を付けておきたいのが抱っこのときの

持ち上げ方やおろし方

妻を見ていると腰を痛めそうでひやひやします

なんで痛くなるのか?

痛くなったらどうするか?

予防するには?

ストレッチは?

身体の専門家がわかりやすく写真付きで解説します!

そんなお話です!

※一般の方向けの記事なのでできるだけ専門用語は少なくしております。

痛める原因は?

腰を痛める原因としては、分かりやすくいえば、腰の使いすぎが原因です。

抱っこで子供を持上げる時は下から抱えて持ち上げると思います。

その時に前屈のような体勢をとりますよね?

この前屈の仕方で腰を痛めやすいかが変わってきます。

では、良いやり方、悪いやり方を説明していきますね

悪い抱えあげ方

この写真通りのやり方をしていたら、だいたい痛めます。

  1. 膝を伸ばしている
  2. 腰が支点で曲げている
  3. 足を閉じている
  4. 脇が締まっておらず、身体から離れた位置で持っている

下手したら一発で痛めます。

1.2.3に関しては、これらのせいで腰をよく使ってしまうような身体の使い方になってしまいます。

例えば

針金などの金属も同じところで曲げて伸ばしてやってたらそこからバキッと折れますよね?

それと原理は同じです

4に関しては、重量のあるものを体幹から離して持ち上げてしまうと赤ちゃんの重さの重心が腰から遠くなりすぎてしまい痛めやすくなります。

良い抱えあげ方

上記の悪いやり方の逆で考えましょう!

ですが、なかなか自分でやろうと思っても難しいです。

写真を見ながらポイントを掴みましょう!

ポイント1 膝を曲げる

抱っこは腰の筋力じゃなくて、太ももの筋力を使いましょう。

しゃがんで抱っこしてそのまま持上げる!

※大体の方はもも前の筋肉を使います。

理想はもも裏やおしりなんですが、

やり方をマスターするのにはコツがいるので、ここでは割愛します。

ポイント2 腰に支点を作らない

簡単な話、

腰の運動さえしなければ腰が痛くなることはありません!

イメージはコルセットが巻いてあって腰を動かせない状態です

ポイント3 足を開いて持上げる

足を閉じていると

もも前の筋肉

しか使われないのですが、

足を開くことによって、

おしりの筋肉

内ももの筋肉

なども使える体勢に変わります。

より多くの筋肉を使えた方が1つの筋肉にかかる負担が少なくて済むので、より楽に抱っこが出来ます!

言い方悪いですが、

うんこ座りの状態で抱っこして、

そこから立ち上がりましょう!

ポイント4 できるだけ身体に密着させて抱き上げる

赤ちゃんの重さを支えるのにできるだけ身体に密着させて抱き上げると離して抱っこした時に比べて何倍もの負担軽減に繋がります。

これらを気をつけるだけでも、

腰を痛めるリスクが大幅に減少します!

 

 

腰の痛みの予防するストレッチ

ストレッチは腰の負担を軽減するために必要なものです。

しかし、間違ったやり方をしている方が多くいます。

間違ったやり方を続けることで、余計に腰を痛めるリスクを増やすことがあります

間違ったやり方は何がいけないかをお話すると共に、正しいやり方を紹介します。

間違ったストレッチ方法

1.前屈

当たり前のようにみなさんやっているかも思いますが、良くないです。

足の柔軟性を出せるには出せますが、

腰を曲げてストレッチしていますよね?

これだと、腰のストレッチにもなってしまい、普段の生活で余計に腰を使う身体の使い方になってしまいます。

2.腰を捻る

これも1の前屈と理由は同じです。

ストレッチの概念としては腰は使わずに足を伸ばす

です。

3.腰を反らす

よく体操でありますが、背中や足が硬い人がやると腰に負担がかかりすぎるためによくありません。

椎間板に負担をかけてしまう恐れがあり坐骨神経痛の誘発要因にもなってしまいます。

理想のストレッチ方法

腰の動きは一切いれないようにして、もも裏やふくらはぎを伸ばしましょう。

この方法であれば、腰の使いすぎリスクを減らしてくれる身体作りの手助けになってくれます。

まとめ

だいたいの人がやっているストレッチでは不十分だったり、逆に腰に負担をかけることがあります。

腰の負担を減らすには腰を使わない動作の習得が必要です。

そのためには

腰を曲げずに下肢を伸ばすストレッチを心がけましょう!

本当は足だけではなく、背中も関わってきますので、そちらも合わせて参考にしてみてください!

※coming soon

 

あとあんまり知られていないことですが水分を摂取することで、

体水分量が上がり、けがのしにくい体になることもありますので

水分はこまめに摂取しましょうね!

対面キッチンに設置するウォータースタンド

ウォータースタンドを実際使ってみてのメリットを書いてみた!

2019年3月27日

ABOUTこの記事をかいた人

妻と娘と3人暮らし 趣味はフットサル 将来的なお金の不安を解消できるようなライフプランを模索中です! 日々の経験をフィードバックする場を設けたいと思いブログをスタート 賃貸×引っ越し×節約×育児 を中心に更新中!! いろいろな方との交流も楽しみにしております!