ぎっくり腰かな?温めるor冷やす?

スポンサーリンク

みなさんは、ぎっくり腰になった場合の対処方法知っていますか?


最初に言っちゃいますが、
答えは冷やす、安静

です!

間違った方法で処置して悪化する方が結構多いですよー

「重いものを持とうとしたらぎっくり腰にあの向きを変えた瞬間からなっちゃった。」

「○○した瞬間にガクッと力が入らなくなって立てなくなった。」

「特に何もしてないけどだんだん腰が痛くなってきてまっすぐ立てない。前にかがめない。」

などの症状を経験したことはありますか?

それは、いわゆる『ぎっくり腰』かもしれません


また、ぎっくり腰かと思っていても
おしりから下にしびれや痛みを伴うような
『椎間板ヘルニア』
『脊柱管狭窄症』
『仙腸関節炎』
などが悪化した急性症状のケース

あと、稀ですが
『癌からの骨転移』
などの場合もあります。
実際僕は全てのケースに遭遇しました。

※これらの症状に関しては後ほど

 

 

ぎっくり腰とほかの症状の鑑別

  • 腰~骨盤周囲の強い痛み前に体を倒す、ひねると痛いなどの動作痛
  • ひどいときは起き上がれない
  • 横向きとかで寝てればそんなに辛くはない

これらはぎっくり腰に多いケース

 

「こんなに痛いのにただのぎっくり腰なの?そんなはずないよ」

と思われる方もいると思います


上記症状に当てはまる方は

以下の方法で対処することが望ましいです。

患部を冷やす

いわゆるアイシング

患部には傷があり炎症を起こしています。
炎症とは熱を持ち痛みがある状態のことを言います
切り傷も痛くて熱っぽい炎症の一種ですね
2~3日がピークと言われています。

安静
少なくとも痛い動きはなるべく避ける
それが痛みを早く取る秘訣です

最近は動いた方がいいともありますが、
それは炎症期を過ぎてからのことです。

患部を安静にする為にも、腰のコルセット(腰ベルト)をはめるのが望ましいです


まずはそれをやることが早期回復への第1歩です


もし、痛めてすぐでも動けそうであれば、整骨院での治療をオススメします。

キックスの治療法
マッサージ(腰は揉まずにおしりからふくらはぎまで)
で腰にかかる負担をとります。
鍼治療(はり)
で患部の炎症の回復を促進します

 

治癒まで
大体の方は
2~3 日で痛みが半分
1週、長くて2週ほどでほぼ完治
するケースが多いです


それ以上かかる場合は先程あげたような別な症状が潜んでいる可能性があります。
そのような場合は1度整形外科で精査することをオススメしています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

妻と娘と3人暮らし 趣味はフットサル 将来的なお金の不安を解消できるようなライフプランを模索中です! 日々の経験をフィードバックする場を設けたいと思いブログをスタート 賃貸×引っ越し×節約×育児 を中心に更新中!! いろいろな方との交流も楽しみにしております!